インナーケア

グァー豆茶の口コミレビュー/味やオススメの飲み方は?実際に飲んだ体験談

気温の変化で体調があまりよくなかったり、お腹の調子も悪くなりがち。

そんなこの時期は腸内環境を整えることが大事!

以前目にして気になっていた「グァー豆茶」を飲み始めてみました。

「グァー豆」とはいったい何なのか疑問もありつつ、食物繊維がたっぷりでお腹に良さそう。

さっそくレビューしてみたいと思います。

Vgan

グァー豆茶とは?

そもそもグァー豆とは何なのかというと、インドやパキスタンに生息するマメ科の植物

カレーの具として使われる食材でもあるそうです。

お茶として使っているのは豆自体ではなく、胚乳部分から抽出されたグァーガムを独自の技術で酵素分解して加工したもの。

そのグァー豆酵素分解物には水溶性食物繊維(PHGG)が豊富に含まれるので、善玉を増やしてバリア機能を高め、スッキリをサポートしてくれます。

また、グァー豆茶には水溶性食物繊維(PHGG)以外にも桑の葉が使用されています。

桑の葉は日本でも古くから民間療法で利用されてきた歴史がある植物。

独自成分のDNJもまたスッキリを後押ししてくれる成分です。

この2つが入ったグァー豆茶は1包(4g)中、約3gが食物繊維!

これはお腹の調子がよくない‎時や野菜不足を感じている時にもうれしいですね。

しかもノンカフェインだから妊婦さんや子供でも飲めます。

グァー豆茶の飲み方

グァー豆茶は粉末状なので、水や牛乳などで溶かして飲むのが基本の飲み方。

グァー豆茶1包に対して水150~200mlを加えよく混ぜます。

少し粉が残ることがあるので、完全に溶かしたい場合はシェイカーがあるといいですね。

粉末の良さをいかして、ホットケーキミックスに混ぜてホットケーキを焼いたり、クッキーなど作ることもできますよ。

子供にちょうどいいおやつになります♪

グァー豆茶の口コミレビュー

では実際に飲んで味の感想などレビューしたいと思います。

グァー豆茶に水を200ml加えてみました。

シェイカーは使わず混ぜただけですが、結構溶けていますね。

少しグラスの下に残っていたけど、どろっと残るわけではないので気にならず。

香りは抹茶のような香り。

飲んでみても、やっぱり日本茶の味がしておいしい!

青汁のような色だから苦いのかと思ったら、苦味は全然ありません

後味もすっきりしているので、ごくごく飲めてしまいます。

水でもおいしく飲めますが、牛乳で溶かすとまろやかになってよりおいしく飲めました。

「青汁は苦手」と思っている人にもぜひ飲んでもらいたいです。

グァー豆茶をオススメする人

グァー豆茶はこんな方にオススメです。

・腸内環境が乱れていると感じている方
・野菜不足を感じている方
・手軽に栄養補給したい方
・ダイエット中の方
・体の中からキレイになりたい方

グァー豆茶の口コミまとめ

腸内環境を整えるために飲み始めたグァー豆茶をレビューしました。

ノンカフェインだから夜寝る前の習慣にしていますが、思ったよりおいしいし飲み始めてから毎朝スッキリしています♪

お腹の調子がすぐれないな、という方や美容に気を使っている方はぜひ試してみてくださいね!

Vgan Vganファンサイト