美容お役立ち情報

アラフォーは紫外線対策で美肌に!4つのUV対処法まとめ

アラフォーの紫外線対策4選

1年中降り注ぐ太陽光線。

美肌のためにどんなUVケアが必要でしょうか。

最低でもこれだけはやっておきたい4つの紫外線対策をご紹介します。

この記事をオススメする人

効果的な紫外線対策を知りたい方
日焼けやシミ・ソバカスを防ぎたい方
日焼けを防いで美肌になりたい方

4つの紫外線対策をぜひ生活に取り入れてみてくださいね!

日焼け止め

紫外線対策として一番に思いつくのが日焼け止めですね。

いうまでもなく紫外線を肌から守るのに役立つアイテムです。

日焼け止めにはSPFやPAといった防止効果の目安がついているので、参考にして選んでみてください。

ただし一番重要なのは量と塗り方。

適切な量を正しく塗ってこそ効果を発揮します。

ビオレUVの最新の日焼け止め情報はこちら

日焼け止めの量と塗り方

顔への塗り方

日焼け止めの量はパール粒2個分といわれていますが、実際にはもう少し多めのほうがよいかも。

半分の量を手に取ったら額・ほほ・鼻の頭・あごに乗せてなじませます。

次にまた半分の量を取って同じところに重ねて塗っていきます。

塗りムラがないよう、たっぷり使うのがポイント。

こめかみや耳の後ろなど忘れがちなのでムラなく全体にのばしましょうね。

2時間おきに塗りなおす

そして大切なのが、2~3時間おきに塗りなおすことです。

日焼け止めは時間がたつと皮脂や汗、摩擦などによって落ちてきてしまいます。

それでは意味がないので、こまめに塗りなおしましょう。

メイクの上から日焼け止めを塗りなおすとヨレてしまう!という時はパウダータイプやスプレータイプの日焼け止めがあると便利です。

パウダーファンデーションをプラスして

日焼け止めを塗った後にパウダータイプのファンデーションを塗ると日焼け止め効果がアップします。

なぜかというと、パウダーファンデーションなどの粉体の成分には肌表面で紫外線を乱反射させる効果があるから。

ファンデーションではなくフェイスパウダーでもOKです。

UVカット機能つきだとなおいいですね。

ナチュラグラッセ UVパウダーコンパクト口コミ/自然なツヤのとりこ!ブルーライトと近赤外線もカットする日焼け止めナチュラグラッセ UVパウダーコンパクトの口コミ。正直にレビューしました。自然なツヤと透明感がでるのにナチュラルで軽やか。ブルーライトや近赤外線もカットできる最強の日焼け止めフェイスパウダーです。...

紫外線をあびた後のアフターサンケア

日焼け止めで紫外線を防止したつもりでも日焼けしてしまうことはよくあること。

なげく前にアフターケアでお肌をいたわりましょう!

アフターサンケアで注目したいポイントは2つ。

  • クールダウン
  • 保湿

ひとつずつ見ていきましょう。

クールダウン

日焼けをした肌は軽いやけど状態ともいえます。

しっかり肌を冷やしてクールダウンさせましょう。

自宅に戻ったなら冷たいシャワーを浴びると効果的です。

すぐにシャワーを浴びれない時はタオルを水で冷やして肌にあてるだけでもいいですね。

水性ジェルやローションなどアフターサン用の化粧品も販売されています。

赤くなって炎症がみられる場合は抗炎症剤の入ったものがオススメ。

保湿

日焼け後はクールダウンとともにしっかり保湿することが大切です。

紫外線は肌を乾燥させるため、うるおいを与えてあげましょう。

顔だけじゃなく体全体の保湿を忘れないようにしてくださいね。

食事

紫外線対策の3つめは「食事」面でのケアです。

紫外線対策に限らず、美肌を作るためには体の中に取り入れるものがとっても大切です。

日焼け予防として積極的に取り入れたのが「ビタミンC」

ビタミンCは抗酸化作用があり、紫外線によってできた活性酸素を抑える働きも。

ハリのある肌に欠かせないコラーゲンを生成を助ける作用もあります。

ほかにも、肌や粘膜を正常に保つ「ビタミンA」や肌の新陳代謝を高める「ビタミンE」も美肌に重要な栄養素です。

また、トマトに含まれる「リコピン」も活性酸素を取り除いてメラニンの生成を抑える効果が期待できるので旬の夏にはたっぷり食べたいですね。

ビタミンCを多く含む食べ物

レモン・ブロッコリー・グレープフルーツ・ピーマン・キウイフルーツ・イチゴなど

ビタミンAを多く含む食べ物

ニンジン・かぼちゃ・ほうれんそう・レバー・卵黄など

ビタミンEを多く含む食べ物

えだまめ・らっかせい・大豆・ナッツ・なすなど

ビタミンミネラル類は食品から摂るのが理想的ですが、なかなか難しいという場合はサプリで栄養分をサポートするのもよいですね。

ミライホワイトは透明感のある肌を目指すためのエイジングケアサプリ。

美容、特にエイジングケアに気を使っている方はサプリも生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ビタミンC・A・Eなどが豊富なサジージュースも飲むだけで手軽なのでオススメです。
豊潤サジーお試し10日分

紫外線対策グッズ

そして物理的に紫外線をカットするための帽子や日傘は鉄板!

UVカット機能のついた紫外線対策グッズで真夏の日差しから肌を守りましょう。

帽子

紫外線対策で帽子を選ぶなら、つばが広めのものがいいですね。


▶▶楽天購入サイト

顔に当たる紫外線をカットできるほか、小顔効果も期待できるかも!?

折りたためるとさらに便利です。

アウトドアや旅行で使うならあご紐がついていると安心!

 

日傘

オシャレでかわいい日傘は紫外線対策になるだけではなく、女子力もアップしてくれるすぐれもの。

紫外線対策には黒色の日傘が効果的。

白は紫外線を乱反射させ日傘の下まで届いてしまう可能性が。

黒のほうが紫外線を吸収してくれますよ。

 

 

ストール

エアコンで体が冷えた時にもさっと羽織れば寒さ対策にもなるスカーフやストールも有効です。

その日のファッションに合わせて色違いが何枚かあるといいですね。

 

 

サングラス

目から入る紫外線もシミになると聞いたことがあるかもしれません。

その通りで、紫外線は目からも吸収されるので、サングラスやコンタクトで目を保護することも必須です。

 

アラフォーは紫外線対策で美肌に!

以上、これだけはやっておきたい紫外線対策についてまとめました。

肌の老化の80%は紫外線が原因だといわれています。

しっかりとUV対策してシミやシワのない美肌をキープしましょう!

これだけはやりたい!紫外線対策
  • 日焼け止めは2時間おきに塗りなおす
  • 必要な量でムラなくのばす
  • 日焼け後の肌はクールダウン&保湿
  • つば広の帽子で物理的に紫外線をカット
  • 目からの紫外線はサングラスで保護する
  • ビタミンA・C・Eでインナーケアも忘れずに

紫外線が強い時間帯(AM10時~PM2時頃)はなるべく外出を控えたり、日蔭を通るように暮らしの中で少しでも紫外線をカットできるよう気を付けてみてください。

【関連記事】コスメコンシェルジュがオススメする美白トライアルセット8選

日焼けすると赤くなる?黒くなる?原因と肌タイプ別スキンケアは>>こちら